So-net無料ブログ作成
検索選択
風を継ぐ者2009 ブログトップ
前の10件 | -

畑中の沖田を観てください。 [風を継ぐ者2009]

 もちろん、左東の迅助、大内の小金井、三浦の土方、丈二の三鷹、西川の鳩斎、岡田さつきのたか子、實川のつぐみ、安理のその、岡内の美祢、粟野さんの宇部、小多田の小野田、石原の秋吉、みーーーんな見ていただきたいのですが。

 

 最強長州藩、豪華桃山診療所、そして激闘新選組

 

 その中で、やはりどうしても「『風を継ぐ者』の沖田は菅野良一に限る」とおっしゃる方がいまだにいらっしゃって。が、たいていのそうおっしゃっていた方々が、「畑中さんも、別な沖田としてそこに生きていた!!」と言ってくださいます。

 

 そんな畑中の活躍を、舞台ソデから撮影した写真をお届けいたします。

 客席からは見られない表情を、多数お届けできるかと思いますが、大千秋楽が近付いて油断して、台本を劇場に置いてきてしまいました……。

 なので、セリフは、僕のテキトーな記憶の中で変換されたものになっている可能性が大きいですが、是非お楽しみください。

 

904G0024.jpg
「立川さん、小金井さん、下がってっ!!」
 

 

904G0054.jpg
飛ぶっ!!
 
904G0088.jpg
飛ぶっ!!
高いっ!!
長州藩を圧倒っ!!
……がっ…………。
 
904G0333.jpg
美祢が、自分の夫は池田屋事件で沖田に斬られた、と語っている時の沖田。
 
904G0361.jpg
つぐみに「本当のこと」を言われて、
「たてまえ」を語ってしまった、沖田。
 
 
904G0823.jpg
「小金井さんは、時々斬ってやろうかと思うことがありますねーー」。
 
904G0861.jpg
「ずっとつかに手を掛けていましたよね。理由をおしえてください」
 
904G0870.jpg
「沖田さんの首を持って帰らないと、そのが……!!」
 
904G0901.jpg
「土方さんを呼んできてください」。
すでに、覚悟が決まった瞬間。
 
 
904G0910.jpg
「そんなことをしたらそのが!!」
 
……沖田は笑っています。
すでに、死ぬ覚悟ができていたんです。
 
904G1023.jpg
「手紙を渡すくらい、許してくれてもいいでしょうっ?!」
 
沖田総司の切ない恋心。
この気魄に長州藩士たちも思わず黙ります。
 
904G1363.jpg
つぐみに別れを告げる沖田。
 
あまりにせつない結末。
 
904G1378.jpg
しかし、別れを告げて去る瞬間は……。
 
あまりにも壮絶な生きざま。
 
数ある小説の中で描かれてきた沖田総司よりも、
渡辺多恵子先生のコミック「風光る」の沖田を、
僕は思い浮かべてしまいました。
 
優しいのに豪腕。
豪腕なのに繊細。
 
こいつが維新後も生きていたらこの国はどうなっていたのだろう。
 
いろんな想像をかきたたされる、『風を継ぐ者』の沖田。
間違いなく、畑中智行にとって、
『トリツカレ男』のジュゼッペとともに
代表作になった、と言えると思います。

nice!(4)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「小金井の面の方が早かった」証拠写真。 [風を継ぐ者2009]

 今回の『風を継ぐ者』で、僕が最も好きなのが、「本当は強いのにそれを隠している」と沖田に言われる小金井兵庫の、まさにそこの部分を、1996年の神戸公演と2001年の再演で土方歳三を演じた「キャラメルボックス内剣豪」である大内が演じているところ。

 初演の西川、再演の岡田達也ともに殺陣は上手だったのですが、それから何年もの月日が経って、何本もの時代劇をやってきて、劇団員みんなのスキルがアップしたこともあるのでしょう、特に大内と畑中、という「剣豪」の対決によって、「もしかしたら沖田より、実戦では叶わないものの、実は剣の腕は上なのかもしれない」と思わされてしまうところなのです。

 

 この道場のシーンでは、おそらく0.何秒、というところで、やはり小金井の面が早いのです。

 

904G9810.jpg
……それを「演技」でやれてしまうこの二人に、脱帽です……。

 


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

聞こえた。 [風を継ぐ者2009]

 ラストシーン

 

 「聞こえないぞーっ!!」と小金井が叫んだ後、あらためて迅助が何かを叫んだ瞬間。

 

904G1472.jpg
秋吉には聞こえなかったけど、
小金井には聞こえた。
 
「走り続けてたっ!!」
 
その、聞こえた瞬間。

 


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「死ぬなよ」。 [風を継ぐ者2009]

 キャラメルボックスSNS「Caramelland(キャラメランド)」で、「はっきり声が聞こえた!!」と騒ぎになっていた、台本に無い西川の芝居がありました。

 

 長州藩が退却した後、診療所に戻ってきた鳩斎先生に、迅助が言うセリフ。

 「新選組は都の治安を守るために戦ってるんです。殺すために戦ってるんじゃなくて、人の命を守るために」。

 その後、鳩斎が笑顔になり、迅助を許した、という芝居をしている、というのです。

 そんなの、ゲネプロの段階では全く気づきませんでした。

 なので、舞台ソデに潜入っ!!

 

904G2293.jpg
「人の命を守るために」と言われた後、
にやっと笑って奥を向く鳩斎。
 
そして、そのが「よかったです。兄上が死ななくて。誰も死ななくて」と泣いた後。
 
904G2294.jpg
「死ぬなよ」
 ……舞台ソデでは、はっきりその声が聞こえました。
 
左東に聞いてみたら「ずっと、西川さんは言ってくれてます」とのこと。
 
……西川浩幸、かっちょよすぎだぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっ……!!
 

 


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

のぞき見専用。 [風を継ぐ者2009]

HE7G0787.jpg
 
きっと三鷹あたりが作ったんでしょうねぇ、こんなの。
 
しかし、これを実際に作らされた小道具さんの気持ちやいかに……。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

小金井の日記 [風を継ぐ者2009]

HE7G1683.jpg
 
「沖田が千駄ヶ谷にいるというので、直ちに駆けつけた。
が、一足遅かった。
三日前に死んでいた。
沖田はまだ25歳だった。
せめて一目だけでも会いたかった。
会って、礼が言いたかった。」
 
 
HE7G1688.jpg
 
「明治2年5月30日、箱館五稜郭の戦が終わった。
土方は、すでに5月11日に戦死していたらしい。
あの男は新選組の隊士として、
最後まで幕府のために戦った。
土方の死によって、
新選組の歴史は完全に幕を閉じた。」

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

長州藩、強力な援軍。 [風を継ぐ者2009]

904G3343.jpg
 
1996年版『風を継ぐ者』の宇部役、
「おうみ・やたろう」に間違われがちな「おうみや・たろう」こと、
近江谷太朗が来てくれました。
 
2009年版宇部さんと、密談。
 
 ……明日は勝てるかもしれません……!!

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

風を継いだ瞬間。 [風を継ぐ者2009]

いやです!!
 
俺は絶対に逃げませんっ!!
 
HE7G1420.jpg
 
HE7G1418.jpg
 
HE7G1417.jpg
 
命を賭して沖田を守る決意をした瞬間に、
 
風は受け継がれたのですね。
 
瞬時に鬼の形相へと変化する、迅助!!

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

沖田の頼み。 [風を継ぐ者2009]

HE7G1531.jpg
 
ここは診療所です。
傷ついた人を助ける場所なんです。
 
 
HE7G1508.jpg
 
そんな目で俺を見るな!!
まるで俺がおまえを殺そうとしてるみたいじゃねぇかっ!!
 
HE7G1560.jpg
 
宇部さん、終わりにしましょう。
 
しかし、美祢殿!!
 
HE7G1555.jpg
 
何をしてる!!
 
早く行け!!
 
 
……くぅぅぅぅぅぅぅ……。
かっちょえぇぇぇぇ……。
 

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

つぐみ。 [風を継ぐ者2009]

HE7G0757.jpg
心の臓がコトコトコトコト、
元気に働いてる音を聞くのは大好き。
でも、冷たい風が吹いてる音を聞くのは辛い。
 
 
HE7G0907.jpg
 
やっぱり勘違いなのね。
そうだと思った。
 
 
HE7G0964.jpg
 
あの人は胃の病なんかじゃない。
もう長くは生きられない体なのよ。
 
 
 ……くぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ……切ないぃぃぃぃ……。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 風を継ぐ者2009 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。