So-net無料ブログ作成
検索選択
きみがいた時間 ぼくのいく時間 ブログトップ

『きみがいた時間 ぼくのいく時間』、終りました。 [きみがいた時間 ぼくのいく時間]

ダイジェスト・ムービーを載せてしまって、もうこれでほぼお見せできるものはお見せしてしまった、と思ってしまいましてすっかりネタバレブログを更新しておりませんで、申し訳ありませんでした。

そんなこんなで、あっという間に『きみがいた時間 ぼくのいく時間』は本日大阪千秋楽が終了しました。

ツアーの最後、ということで「千秋楽スペシャル小ネタ」が3カ所ほど追加っ!!

(1)結婚式のシーンで、てるてるぼうずの背中に……!!


KL3Q1382.jpg


(2)イタリアのカメオ職人のシーン。
職人のイタリア語を秋沢がいちいち翻訳。
イタリア人は、なぜか胸毛。
KL3Q1404.jpg
この胸毛で、しかも、ヒゲを自分ではがす、という掟破りの技を出したので、さしもの上川隆也も本気で吹き出しておりました。

で、仕返しに、シーン終わりで「なんだよ、両面テープがまだ付いてるじゃねぇかっ!!」と突っ込まれておりました。


(3)「日清食品のカッパのヌード」のシーン。
カウンターの中と外での会話だったはずなのに、女子店員(渡邊安理)が外に出てきて、妖怪ぬらりひょんの話を長々とし始め、「ひょん、ってなに?」から始まり、「そう言えばシクラメンのメンってなに?」と全く関係ない話に展開。
アンケートに「『さよならノーチラス号』における近江谷太朗の正統な継承者」とまで書かれた安理が、大爆発でした。

(おまけ)

上川が、「功名が辻、見てた?」系のことを岡内から言われるところで、今までは「見るわけねーだろっ!!」だったのが、今日は「全部見た」でした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

そんなわけで、現在、バラシ中。
クロノス・スパイラルも、しばらく、いや、当分、起動することはないでしょう。


KL3Q1464.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

……次に起動するのは、きっと、クロノス・ジョウンターですね……!!


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

きみ時間、ダイジェスト・ムービーっ!!!! [きみがいた時間 ぼくのいく時間]

大変大変お待たせいたしましたっ!!
CaramelBoxTVの庄村拓也ディレクターが、ついに作ってくれました、『きみがいた時間 ぼくのいく時間』ダイジェストムービーっ!!
出演者に見せたら「わぁっ!!この芝居、見たいっ!!」と言い出す始末!!
当然のように誰がどんな役、くらいはほとんどわかってしまいますし、「クロノス・スパイラル」も大々的に写っていますっ!!
なので、まずはネタバレブログからアップっ!!
3分半くらいありますので、ご堪能くださいっ!!
ちなみに、これを見て、いてもたってもいられなくなった方っ!! 平日ならまだ大丈夫ですので是非サンシャイン劇場へ!!
そして神戸大阪の公演は9日(日)前売開始っ!!
待ってますっ!!
 
それでは、サブ・テーマのオリジナル曲、鈴木理一郎くんの『Spiral Sequence』に乗せて、どうぞっ!!

nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:演劇

「前説」は日替わりです。 [きみがいた時間 ぼくのいく時間]

すでに『きみがいた時間 ぼくのいく時間』をご覧くださった皆様、あの「前説」はご堪能頂けましたでしょうか?!
日々、「直前に録音しているんですか?」というご質問を終演後にいただくのですが、いえいえ、なんと、アレはナマで舞台袖でやっているのですっ!!
だって、必ずその日の時事ネタが入ってて、カーテンコールとリンクしてますし。
  
「落ち着いたら録音にしてもいいよね」なんて話もしていたのですが、今のところその気配はありません。
 
まぁ、なにしろ上川隆也入団20周年記念公演ですから、すみからすみまでずずずいーーーっと、って感じですなっ!!
 
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

ぴあサイトに舞台写真がっ!! [きみがいた時間 ぼくのいく時間]

なんとっ!!ぴあのサイトに、伊東和則さん撮影の舞台写真5枚付きで『きみがいた時間 ぼくのいく時間』の記事が!!
http://news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=200802290005
 
……なんてこった……。
 
で、実は。
 なんと、今回の東京公演のゲネプロで僕が撮影した舞台写真のうち、二幕後半の、おそらく数百枚撮影したものが、まるごとコンパクトフラッシュに記録されていなかったのです……!!!!
 
 何かのミスをしたのかなんなのかわからなくて、師匠の伊東さんにおうかがいしたところ、伊東さんもそんな話聞いたことがない、とおっしゃっていたのですが、なんとキヤノンのサイトからトラブル報告を発見してくださったのです。
しかも、それが、めちゃくちゃレアなケース……!!
 
 2パターン考えられる、とのことでしたが、どっちのケースも思い当たるのです……。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
http://cweb.canon.jp/e-support/info/050520eosd.html から引用。
 
(1)「EOS-1Ds Mark II」,「EOS-1D Mark II」で、「ファームウェア」のバージョンがちょっと前ので、「RAW形式とJPEG(高画質)形式の同時記録(RAW+JPEG)などの設定状態で、撮影後、アクセスランプが点滅・点灯中に ボタンを押した場合、液晶モニター全体が真っ白となり、カメラがハングアップすると同時にカメラバッファメモリ内の画像が消失する」。   (2)EOS-1Ds Mark II, EOS-1D Mark II, EOS 20D, EOS 20Da, EOS KissデジタルN で、「記録メディアとしてレキサー・メディア社のプロフェッショナルシリーズ80倍速コンパクトフラッシュカードを使用した時に撮影した画像が稀に消失している場合があります」。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−    しかし、原因がわかったからって、ちっとも気は晴れません。  なんたって、この芝居の、あのシーンとあのシーンの、あいつとあいつの、あの表情を絶対に撮る、と決めて臨んでいた撮影だったので、その瞬間までメモリを温存しながら撮っていた、ってくらい気合いを入れていて、しかも、ちゃんと撮ったんですよ、僕は。撮った直後にカメラのモニタ画面で確認して、「やったっ!!撮ったっ!!」と心の中で叫んだくらい、ばっちり撮っていたんです……。    もう、ちょっと、ショックがでかすぎです……。    
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
きみがいた時間 ぼくのいく時間 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。