So-net無料ブログ作成
検索選択

『BREATH』出演者紹介-08 鍛治本大樹 @kajimotodaiki かじもと・だいき 1983年12月9日生まれ、今日で32歳。おめでとう。 [『BREATH』]

BREATH』出演者紹介-08
鍛治本大樹 かじもと・だいき 1983年12月9日生まれ、今日で32歳。おめでとう。
A53J0723s.jpg
宮崎県出身、2007年入団、身長175cm。
通称「かじもん」。

◆入団までの足取り/延岡学園高校→中央大学→キャラメルボックス俳優教室3期生→演劇集団PocketSheepS→キャラメルボックス

2008年の初舞台以降、着々と様々な役を配役され成長を遂げたが、2012年に「空想組曲」の演出家・ほさかようと出会ってほさか演出の『眠れない羊』(2012)、『女王の盲景』(2014)で開花する。

『WILCO』(ミナモザ・2014)、『駆けぬける風のように』(Dステ・2014)と、外部出演で破竹の勢いで活躍し、2014年冬、キャラメルボックス『太陽の棘 彼はなぜ彼女を残して旅立ったのだろう』で初主演。

子供が大好きで涙もろく、武井壮さんを尊敬する。

今公演『BREATH』での役柄は、この物語の舞台となっている劇場で上演中の舞台を演出する、若手ナンバーワン演出家。

ことあるごとに脇役のベテラン女優とぶつかり、プロデューサーである劇場支配人に救われる。クリスマスを間近に控えたある日、一年前に一方的に別れを告げられた彼女から「もう一度会いたい」という電話がかかってきて当惑するところから、彼の物語は始まる。

『太陽の棘』の主演からから1年、頼れる男となった鍛治本大樹。
神戸公演終演後のロビーでは、「かじもん、どうしちゃったの?」とか「鍛治本さん、あんなにカッコよかったっけ?」という声がそこかしこで聞こえていました。

ちなみに、「鍛治本」の「治」は「さんずい」。「刀鍛冶」の「冶」は「にすい」なので、ご注意ください。

A53J0743s.jpg

タグ:鍛治本大樹
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。