So-net無料ブログ作成
検索選択

『BREATH』出演者紹介-03(Wキャスト=Green)  石川寛美 いしかわ・ひろみ [『BREATH』]

『BREATH』出演者紹介-03(Wキャスト=Green)
石川寛美 いしかわ・ひろみ
A53J0359s.jpg
東京都出身、1989年入団。1961年11月12日生まれ、152cm。

旗揚げメンバーの大森美紀子と小学校からの同級生で、テアトルエコーの劇団員であり、声優としても「81プロデュース」に所属、レギュラーの仕事を持ちながら、1989年に「出してよぉー」と押しかけてきて『ナツヤスミ語辞典』に出演、「ヤンマ」の役で突然不動の位置を築き、いつの間にか劇団員になっていた、という変わり種。

声優としては、「勇者警察ジェイデッカー」の友永勇太役や「いないいないばあっ!」の各種キャラクターでの出演が有名だったが、「COUNT DOWN TV」で「今週の10位から4位を発表しまぁすっ!!カウントダウーンっ!!」と叫ぶアニメーションの少年「アビー君」の声を担当し始めてからは、そちらがメインのお仕事になった。

A53J0631s.jpg
1990年の『広くてすてきな宇宙じゃないか』における「クリコ」、1996年『ハックルベリーにさよならを』での「アベチカコ」、1997年『嵐になるまで待って』での、同じく「アベチカコ」、1996年『ケンジ先生』の「おばあちゃん」、1999年『怪傑三太丸』での「トント」など、この特徴的なルックスと声だからこその役を受け取り続ける。

2112年からは独自の絵本演劇ユニット「BOOWHOWOOL(ブーフーウール)」を企画して、こどもと、こどもだったことがあるおとなのための演劇も上演している。

『BREATH』での役柄は、若手劇場スタッフの祖母で、「ニュースキャスター・柿本光介」の昔からのファンである塾の経営者であり生粋の教育者、という設定。たくさんの教え子を愛を持って送り出してきた彼女だからこそ、の「愛の物語」に震えます。

A53J0608s.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。