So-net無料ブログ作成

【ネタバレ】『ヒア・カムズ・ザ・サン』のエンディング曲について。 [ハーフタイムシアター2011]

 『ヒア・カムズ・ザ・サン』のラストシーンの台本が上がってきて読んでいたら、唐突にとある曲が僕の中に降ってきました。
 
 しかしその曲は、あまりにも有名なアーティストの、あまりにも有名なシングルカットまでされた曲。基本的にキャラメルボックスでは、特にそう決めているわけではないのですが、僕が密かに見つけてきたあまり知られていない楽曲を使うのが基本で、有名なアーティストの曲をエンディングに持ってきた、というのは、オリジナル路線になってきてからは『カレッジ・オブ・ザ・ウインド』で小田和正さんの『風のように』を使わせていただいたときくらいなものなのではないかと思います。
 
 なので、その曲が浮かんでしまったものの、他にナイスな曲は無いだろうか、と探し続けてみたのですが、敵が強力すぎて断念せざるをえませんでした。
 
 それが、スピッツの『ホタル』
 
 『ヒア・カムズ・ザ・サン』の終演後のロビーにいると、目を真っ赤にしたお客さんから「ひきょーものっ!!」とか言われたり、「掟破りだっ!!」と説教されたり(←うれしそうに、ですけど)、この曲を大切に思っている人がキャラメルボックスのお客さんにもとても多いんだなぁ、と実感しております。
 
 あと、「てっきり加藤さんはスピッツはきらいなのかと思ってました」などと言われますが、そんなことは決してありません。それどころか、アルバムは全部持ってますし、新しいのが出るたびにちゃんと買っておりまして、きちんとフォローしております。
 スピッツがメジャーデビューして数年目に『ロビンソン』が発売された頃、ちょうど僕はSPIRAL LIFEが大のお気に入りだったのですが、この曲にはやられました。絶対使わせてもらおう、と思っていたら、あっという間に大ヒット……。あっさりあきらめてしまいました……。
 
 その後、人気が落ちついたら声をかけさせていただこうかと思っていたら、スピッツは次々と大ヒットを飛ばし続けてしまい、落ちつくどころか、ミスチルとともに不動の人気バンドになってしまいました……。
 
 と思ったら、なんと2000年に、マイフェバリット・アーティストだったSPIRAL LIFEの片方である石田ショーキチさんがスピッツのアルバムをプロデュースした、とのこと。それが、この『ホタル』が入っている『ハヤブサ』でした。
 大好きなアーティスト同士の組み合わせ。それが僕のツボに入らないわけはなく、もう、『ハヤブサ』は僕の中の魂の一枚になりました。が、キャラメルボックスで使わせていただこう、なんて恐れ多いことは全く考えもしておりませんでした。
 
 それから11年。
 選曲担当として、何万曲というストックがある中で、まさか、台本を読んでいる最中に唐突に降ってくるとは。
 しかも、それを芝居に合わせてみたら、暗転になったところでちゃんとあの歌詞が来るとは。
 偶然がこれだけ重なるということは、この芝居がこの曲を待っていた、ということなのだと思います。
 
 もう、あらためて歌詞を読みながら聴いてみてください。
 http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND12333/index.html
 ハリーの気持ちそのまま。書き下ろし曲のようです。
 
 ちなみに、『ヒア・カムズ・ザ・サン』のサウンドトラックCDには『ホタル』は入っていません。これは、今まで一貫して、スピッツの楽曲は他の会社には貸さないという姿勢を貫いてきたからです。もちろん、門前払いではなくて、関係者のみなさんがいろいろと手を尽くしてくださった結果、今回だけ例外を作るわけにはいかなかった、ということです。
 まぁ、おそらくどんな地方のCDショップにも、現在『ホタル』が収録されているアルバム「CYCLE HIT1997-2005Spitz Complete Single Collection」は売っていると思いますし、iTunesで一曲だけダウンロードすることもできますので是非あらためて聴いてみてください。
 http://itunes.apple.com/jp/album/cycle-hit1997-2005spitz-complete/id129767347
 
 
 是非スピッツの皆さんにもご覧いただきたいと思うのですが、マサムネさんが体調を崩されているとのこと。心配です。
 
 いつかご覧いただけることを楽しみにしております。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。