So-net無料ブログ作成
検索選択

【ネタバレ】21年前の初演と同じサヨとフミ、そして21歳のハナ。 [サンタクロースが歌ってくれた10days]

 『サンタクロースが歌ってくれた』オリジナルバージョンでは、西川・上川・近江谷が1989年初演と同じ役をやっておりますが、こちら「10days Limited Version」では、真柴あずきと伊藤ひろみが初演と同じサヨとフミの役っ!!
 華族・有島家のワガママ令嬢「サヨ」は、かなり激しい役なわけですが、真柴がこの役をやるために絞り込んでチャレンジしております。
 が、昔を知るお客さんに驚かれているのが芥川のフィアンセ「フミ」を演じる伊藤ひろみ。その鈴のような声は、1989年初演当時と変わりません。「伊藤さんは歳を取ってないっ!!」とベテランのお客さんを驚愕させております。
 そんなサヨとフミといっしょに冒険に出かける有島家のメイドの「ハナ」を演じているのは、 1989年生まれ、つまり『サンタクロースが歌ってくれた』と同い年の2年目の新人・原田樹里(きり)。親子ほど年の離れた先輩を相手に、下克上ネタもちりばめて楽しませてくれています。

fumi.jpg
8歳当時のフミを演じている、伊藤ひろみ。
 
 
hana.jpg
原田樹里の下克上ネタっ!!
 
 
sayokeibu.jpg
菊池警部との会話の時にサヨがジャンプした決定的瞬間っ!!
身長が一緒……かのようにっ!!
……髪の毛がエイリアンみたいになってます……。
 
 

 


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 1

優

伊藤さんを、二階席から双眼鏡でじっくり眺めてしまいました……が
アップで観ても、若いっ!!可憐だっ!!!
……本当に、あのトシ、なのですか?
「キャラメルボックスは竜宮城」を、実感している10daysです。
by 優 (2010-11-24 00:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。